既存のものと既存のものの違いは何ですか?


答え 1:

既存のものとは、以前に存在したことを意味します。しかし、この単語は通常、過去の古い時間を指し、間もなく過ぎ去った時間を指しません。

既存の手段は今。私は既存です。私の過去の自己は存在しています。

多くの場合、「既存」が言及している過去は主観的ですが、一般的に「既存」という言葉を使用して、過去に非常に長い間存在していたものを指します。

プレフィックス「pre」は文字通り「before」を意味します。単語がさまざまなルート単語に付加されている場合があり、「pre」が意味する時間は、追加または付加された単語に応じて実際に変化する場合があります。たとえば、「先史時代」という言葉は、物を書くことができる種の記録がまだなかった過去の非常に長い時間を指します。


答え 2:

既存のものと既存のものの違いは何ですか?

保険の文脈で

補償の申請に関連する

事前に存在することは、事前日付(カバレッジの購入)を表す簡単な方法です。

既存は現在アクティブであり、現在(カバーされている間またはカバーされていない間)

-

これは議会によって3xの問題として認識され、前回は無視されました

-

ロジックは、メディケアの設立時に適用されました。最初の登録期間があるときにメディケアの補償を取得した場合、罰則や既存の条件制限はありませんでした。メディケアとギャップ補償を取得し、完全にカバーすることができました。年齢が上がるにつれて、既存の問題や既存の問題をカバーし続けることはできません。

さらに-パートBを取得することになったときに失敗した場合、またはドロップすることを選択した場合、サインアップしたときにライフタイムペナルティが発生しました。議会が下した基本的な仮定は、

  • 条件があり、カバレッジがある場合、条件がある場合は条件が管理されていて、カバレッジがない、条件は管理されていなかった、条件はカバレッジを取得する前に存在し、カバレッジのコストは管理されていない状態はプログラムの費用に悪影響を与えるため、パートBの支払いを行う連邦納税者は、メディケアの対象者と一緒に生命にペナルティを科し、人々は連邦保険のパートBシステムを利用する可能性が低くなります

-

HIPAAが設立された1996年にロジックが適用されました。加入期間があり、加入者が加入者であり、雇用者加入者が加入した場合、罰則や既存の条件制限はありませんでした。あなたはカバレッジを得て、完全にカバーされる可能性があります。年齢が上がるにつれて、既存の問題や既存の問題をカバーし続けることはできません。転職した場合、または雇用主から自己負担に移行した場合、保険の維持と同じルールが適用されます。

補償期間を設けた場合、加入期間中に雇用主の補償を取得するオプションがありましたが、保険の不足により病気の補償が遅れる可能性があります。 1996年の法律で議会が下した基本的な仮定は、

  • 条件があり、カバレッジがある場合、条件があり、カバレッジがない場合、条件が管理されておらず、カバレッジを取得する前に条件が存在していた場合、管理されていない条件は悪影響を及ぼしますプログラム費用がかかるため、雇用主と無実の同僚は、何かを補償する前にペナルティ期間を設けてグループ株式を均等に支払うため、雇用主の保険制度を利用する可能性は低くなりました。

-

この同じロジックは、メディケアパートDが2006年1月1日に発効したときに適用されました。初回登録期間中にパートDメディケアの補償を取得した場合、罰則や既存の条件制限はありませんでした。パートDを取得することになったときに失敗した場合、またはドロップした場合は、再度サインアップしたときに終身ペナルティが発生しました。

  • 条件があり、カバレッジがある場合、条件がある場合は条件が管理されていて、カバレッジがない、条件は管理されていなかった、条件はカバレッジを取得する前に存在し、カバレッジのコストは管理されていない状態はプログラムのコストに悪影響を与えるため、パートDの支払いを行う仲間の保険契約者は、メディケアに参加している人と一緒に生命にペナルティを科し、民間保険のパートDシステムを利用する可能性は低くなります

-

2009年、議会はその論理を見失い、医療が必要になるまで待つことができると判断し、保険を購入するとともに、医療の必要が解決されたら、補償範囲を取り下げて、それを取り戻すことができると判断しました後日。

  • 補償がなかった場合のペナルティは、トークンのペナルティでした。返金がない場合、回収できませんでした。ペナルティの費用は、補償のなかった期間のみで、費用への影響は最小限でした。

答え 3:

既存のものと既存のものの違いは何ですか?

保険の文脈で

補償の申請に関連する

事前に存在することは、事前日付(カバレッジの購入)を表す簡単な方法です。

既存は現在アクティブであり、現在(カバーされている間またはカバーされていない間)

-

これは議会によって3xの問題として認識され、前回は無視されました

-

ロジックは、メディケアの設立時に適用されました。最初の登録期間があるときにメディケアの補償を取得した場合、罰則や既存の条件制限はありませんでした。メディケアとギャップ補償を取得し、完全にカバーすることができました。年齢が上がるにつれて、既存の問題や既存の問題をカバーし続けることはできません。

さらに-パートBを取得することになったときに失敗した場合、またはドロップすることを選択した場合、サインアップしたときにライフタイムペナルティが発生しました。議会が下した基本的な仮定は、

  • 条件があり、カバレッジがある場合、条件がある場合は条件が管理されていて、カバレッジがない、条件は管理されていなかった、条件はカバレッジを取得する前に存在し、カバレッジのコストは管理されていない状態はプログラムの費用に悪影響を与えるため、パートBの支払いを行う連邦納税者は、メディケアの対象者と一緒に生命にペナルティを科し、人々は連邦保険のパートBシステムを利用する可能性が低くなります

-

HIPAAが設立された1996年にロジックが適用されました。加入期間があり、加入者が加入者であり、雇用者加入者が加入した場合、罰則や既存の条件制限はありませんでした。あなたはカバレッジを得て、完全にカバーされる可能性があります。年齢が上がるにつれて、既存の問題や既存の問題をカバーし続けることはできません。転職した場合、または雇用主から自己負担に移行した場合、保険の維持と同じルールが適用されます。

補償期間を設けた場合、加入期間中に雇用主の補償を取得するオプションがありましたが、保険の不足により病気の補償が遅れる可能性があります。 1996年の法律で議会が下した基本的な仮定は、

  • 条件があり、カバレッジがある場合、条件があり、カバレッジがない場合、条件が管理されておらず、カバレッジを取得する前に条件が存在していた場合、管理されていない条件は悪影響を及ぼしますプログラム費用がかかるため、雇用主と無実の同僚は、何かを補償する前にペナルティ期間を設けてグループ株式を均等に支払うため、雇用主の保険制度を利用する可能性は低くなりました。

-

この同じロジックは、メディケアパートDが2006年1月1日に発効したときに適用されました。初回登録期間中にパートDメディケアの補償を取得した場合、罰則や既存の条件制限はありませんでした。パートDを取得することになったときに失敗した場合、またはドロップした場合は、再度サインアップしたときに終身ペナルティが発生しました。

  • 条件があり、カバレッジがある場合、条件がある場合は条件が管理されていて、カバレッジがない、条件は管理されていなかった、条件はカバレッジを取得する前に存在し、カバレッジのコストは管理されていない状態はプログラムのコストに悪影響を与えるため、パートDの支払いを行う仲間の保険契約者は、メディケアに参加している人と一緒に生命にペナルティを科し、民間保険のパートDシステムを利用する可能性は低くなります

-

2009年、議会はその論理を見失い、医療が必要になるまで待つことができると判断し、保険を購入するとともに、医療の必要が解決されたら、補償範囲を取り下げて、それを取り戻すことができると判断しました後日。

  • 補償がなかった場合のペナルティは、トークンのペナルティでした。返金がない場合、回収できませんでした。ペナルティの費用は、補償のなかった期間のみで、費用への影響は最小限でした。

答え 4:

既存のものと既存のものの違いは何ですか?

保険の文脈で

補償の申請に関連する

事前に存在することは、事前日付(カバレッジの購入)を表す簡単な方法です。

既存は現在アクティブであり、現在(カバーされている間またはカバーされていない間)

-

これは議会によって3xの問題として認識され、前回は無視されました

-

ロジックは、メディケアの設立時に適用されました。最初の登録期間があるときにメディケアの補償を取得した場合、罰則や既存の条件制限はありませんでした。メディケアとギャップ補償を取得し、完全にカバーすることができました。年齢が上がるにつれて、既存の問題や既存の問題をカバーし続けることはできません。

さらに-パートBを取得することになったときに失敗した場合、またはドロップすることを選択した場合、サインアップしたときにライフタイムペナルティが発生しました。議会が下した基本的な仮定は、

  • 条件があり、カバレッジがある場合、条件がある場合は条件が管理されていて、カバレッジがない、条件は管理されていなかった、条件はカバレッジを取得する前に存在し、カバレッジのコストは管理されていない状態はプログラムの費用に悪影響を与えるため、パートBの支払いを行う連邦納税者は、メディケアの対象者と一緒に生命にペナルティを科し、人々は連邦保険のパートBシステムを利用する可能性が低くなります

-

HIPAAが設立された1996年にロジックが適用されました。加入期間があり、加入者が加入者であり、雇用者加入者が加入した場合、罰則や既存の条件制限はありませんでした。あなたはカバレッジを得て、完全にカバーされる可能性があります。年齢が上がるにつれて、既存の問題や既存の問題をカバーし続けることはできません。転職した場合、または雇用主から自己負担に移行した場合、保険の維持と同じルールが適用されます。

補償期間を設けた場合、加入期間中に雇用主の補償を取得するオプションがありましたが、保険の不足により病気の補償が遅れる可能性があります。 1996年の法律で議会が下した基本的な仮定は、

  • 条件があり、カバレッジがある場合、条件があり、カバレッジがない場合、条件が管理されておらず、カバレッジを取得する前に条件が存在していた場合、管理されていない条件は悪影響を及ぼしますプログラム費用がかかるため、雇用主と無実の同僚は、何かを補償する前にペナルティ期間を設けてグループ株式を均等に支払うため、雇用主の保険制度を利用する可能性は低くなりました。

-

この同じロジックは、メディケアパートDが2006年1月1日に発効したときに適用されました。初回登録期間中にパートDメディケアの補償を取得した場合、罰則や既存の条件制限はありませんでした。パートDを取得することになったときに失敗した場合、またはドロップした場合は、再度サインアップしたときに終身ペナルティが発生しました。

  • 条件があり、カバレッジがある場合、条件がある場合は条件が管理されていて、カバレッジがない、条件は管理されていなかった、条件はカバレッジを取得する前に存在し、カバレッジのコストは管理されていない状態はプログラムのコストに悪影響を与えるため、パートDの支払いを行う仲間の保険契約者は、メディケアに参加している人と一緒に生命にペナルティを科し、民間保険のパートDシステムを利用する可能性は低くなります

-

2009年、議会はその論理を見失い、医療が必要になるまで待つことができると判断し、保険を購入するとともに、医療の必要が解決されたら、補償範囲を取り下げて、それを取り戻すことができると判断しました後日。

  • 補償がなかった場合のペナルティは、トークンのペナルティでした。返金がない場合、回収できませんでした。ペナルティの費用は、補償のなかった期間のみで、費用への影響は最小限でした。