ダイヤモンドとダイヤモンド形状の違いは何ですか?


答え 1:

完璧なブルーダイヤモンドエンゲージメントリングを選択するには、ダイヤモンドとダイヤモンドの形状の違いを理解しておくと役立ちます。

ダイヤモンドは、炭素がダイヤモンドキュービックと呼ばれる結晶構造に配置された炭素元素の固体です。室温と圧力で、グラファイトとして知られる別の固体の炭素は化学的に安定した形ですが、ダイヤモンドはほとんど変換されません。ダイヤモンドは、天然素材の中で最高の硬度と熱伝導率を持ち、切削および研磨ツールなどの主要な産業用途で利用される特性を備えています。

ダイヤモンドの形状が重要です。各形状は一意です。あるものはより輝きがあり、あるものは大きく見えますが、実際にはそれほど高価ではありません。読み続けて、それぞれの形の長所と短所を、それらの固有の意味を含めて学びます。

  1. ラウンドブリリアントカット:時代を超越した、上品な、伝統的な:絶えず人気のあるラウンドダイヤモンドは58のファセットを持ち、輝きと美しさの標準を設定しています。 。クッションカット:ソフト、クラシック、ロマンティック:この「枕カット」は、ロマンティックな外観のための柔らかく丸いエッジが特徴です。クッションカットは、多くの設定で最も人気のある形状と眩惑の1つになりつつあります。楕円形カット:モダン、大胆、細身:楕円形のダイヤモンドは、目立つことを好む人に最適です。エメラルドカット:アールデコ、洗練された、魅力的な:究極のヴィンテージカット、エメラルドダイヤモンドは、旧世界の魅力を醸し出しています。アッシャーカット:モダンヴィンテージ、ドラマチック、エレガント:エメラルドカットのこの21世紀のアップデートは、正方形でよりキラキラ光っています。ヴィンテージテイストでモダンなセンスを持つ女性に最適です。ラジアントカット:ユニークで複雑、大胆:いくつかのカットのベストを組み合わせることで、輝くダイヤモンドは激しい輝きを提供します。クロップドコーナーは、正方形のダイヤモンドを好むアクティブな女性に最適です。ロングシェイプはショートフィンガーでもお世辞です。ペアシェイプ:エレガントで繊細、軽薄:ティアドロップダイヤモンドとも呼ばれ、ペアカットはラウンドスタイルとマーキーズスタイルのクロスです。それは、ハローの設定に優れたユニークで美しい形状です。ハート型:ロマンチックで、甘い、感傷的:ハードコアなロマン派の唯一の選択肢です。ハート型のダイヤモンドは、その形状を際立たせるソリティア環境で最適に機能します。