採用と調達の違いは何ですか?


答え 1:

大きな違いは、リソースの収集と資産の収集の間にあると思います。 調達とは、リソースを最大限に活用することです。 ほとんどの場合、それは物理的な製品です。 ただし、プロジェクトに専門の労働力が必要な場合、または社内スタッフが提供できる時間よりも長い労働時間だけが必要な場合は、契約労働力を調達できます。 製品の必要性や余分な労力が必要になると、リソースは使い果たされます。 多くの場合、請負業者を雇うには、(参照または紹介を介して)仕事をするという評判があれば十分です。

採用とは、労働資産を追加することです。 調達によって労働者を雇うことができますが、あなたの仕事が終わった後、他の人々は同じ人を雇うことができます。 再びそれらが必要な場合は、運が悪い。 彼らは忙しいかもしれません。 採用は、必要に応じて利用可能な長期資産としてのそれらの労働者の追加です。 必要なときに彼らに頼って非常に良い仕事をすることになりますので、この段階では彼らの雇用にソフトスキルを集中してより多くの時間を費やします。 はい、彼らは狂ったようにコーディングできますが、プロジェクトの変更について彼と話すのはどれくらい難しいですか? 彼女は優れた会計士であり、あなたの販売手数料の追跡をたくさん助けますが、彼女の出席はどれほど信頼できますか。 したがって、採用/雇用は、当面のプロジェクト/作業のニーズよりも、長期的な荒削りなものになります。


答え 2:

募集は、特定の仕事分野で資格のある人を雇うことと定義できます。 候補者は通常、適切な応募者のスクリーニングと選択が行われる一連のインタビューラウンドを通過する必要があります。

調達は、外部ソースから商品やサービスを取得するプロセスです。 品質、数量、時間、場所などの側面を比較するときに、買い手がすべての商品、サービス、または作業を可能な限り最高の価格で入手できるようにします。

詳細をご覧ください:

調達情報

これらの楕円の後に何が来るのでしょうか?