壮大な妄想と自己陶酔の違いは何ですか?


答え 1:

NPDは恥の精神病理学です。重要なトライアドは、自己活性化がうつ病につながり、防御につながることです。

翻訳:あなたが誰であるかということは、内なる恥の反応を引き起こします。これは、放棄されるという原始的な恐怖を引き起こします。これを避けるために、ナルシストは壮大さなどの防衛を実装します。

重要なのは「避ける」ことです。自己陶酔的な防御は、恥を防ぐための予防的なものです。私はとても素晴らしく、失敗などは不可能です。

彼らは恥を避けるために自分の周りに壁を作ります。

妄想障害については、あなたの質問のその部分に対処するのに十分な知識がありません。


答え 2:

壮大な妄想は、自己陶酔的な人格障害の症状の1つです(DSM Vで9位のうち2位)。

自己陶酔的な人格障害を持つ人はこの特性を持っている可能性が高いですが、この特性を持つ人は必ずしも自己陶酔主義者であるとは限りません

ナルシシズムは、非常に高い資格感覚によって特徴付けられます。ナルシストは、本来の偉大さと優越性のおかげで、自分が想像するすべてのものに資格があると考えているため、壮大さの妄想を持っています。


答え 3:

壮大な妄想は、自己陶酔的な人格障害の症状の1つです(DSM Vで9位のうち2位)。

自己陶酔的な人格障害を持つ人はこの特性を持っている可能性が高いですが、この特性を持つ人は必ずしも自己陶酔主義者であるとは限りません

ナルシシズムは、非常に高い資格感覚によって特徴付けられます。ナルシストは、本来の偉大さと優越性のおかげで、自分が想像するすべてのものに資格があると考えているため、壮大さの妄想を持っています。