内蔵ハードドライブディスクのATAとSATAの違いは何ですか?


答え 1:

誰もが持つ可能性のある混乱を解消するために、ATAはIDEおよびPATAでも一般的に知られています。

ATAドライブ

ATA / IDEは、マザーボード上にドライブコントローラーを配置するのではなく、ドライブ自体にドライブコントローラーを配置するハードディスクドライブテクノロジーの実装です。 この技術は、ハードディスクドライブと光学ドライブを接続するために使用されます。

ATAドライブの速度は大きく異なります。また、異なるHDDの接続に使用される最新のSATAケーブルの代わりにIDEケーブルを使用しているため、複数のドライブがあるため、最初にデータをケーブルからマザーボードに送信する必要があります、その後、同じケーブルを、まったく同じケーブル上の他のドライブにバックアップします。 つまり、大量のデータを一度に送信する場合、最大化されているワイヤの転送容量のボトルネックに達するため、データ転送速度が低下する可能性があります。

上記で述べたように、速度は使用しているATAバージョンと使用しているケーブルのタイプによって異なります。

転送速度

私はあらゆる種類の詳細には触れず、すでに行っているよりも多くの段落を書きませんが、ATA IDEケーブルに沿ってATAドライブを使用すると、範囲の最上部で100MB / sの転送で最大になる可能性があります速度。 これは、現代の標準では、一般ユーザーにとっても遅いと考えられます。

これらの種類のドライブは、安価であり、もちろん信頼性が高いため、もちろんビジネスで役立ちます。

ATA IDEケーブルの例。 このようなドライブケーブルに沿って多くのデータを移動する場合、それらのドライブが同じケーブル上にある場合、転送のボトルネックに陥る可能性があります。

SATAドライブ

単純にSATAとして一般的に知られているシリアルATAは、より現代的であり、ドライブテクノロジーに対するより良いアプローチであると信じています。 ハードドライブ、ソリッドステートドライブ、ハイブリッドドライブなどを購入する場合は、SATAケーブルを使用する可能性が非常に高くなります。

SATAは標準のATAテクノロジーの機能を拡張し、明らかに長い時間がHDDテクノロジーの最前線に移行しました。 IDEはいつでもコンピューターが認識できるドライブの量を増やしましたが、IDEは3つのHDDと1つの光ディスクドライブのみをサポートしますが、SATAはさらに多くのことを可能にします。 私の知る限り、SATAを使用すると、アルファベットがサポートするすべてのドライブ文字を使用できますが、その後は少し複雑になります…このテクノロジーは、パラレルインターフェースとドライブの可読性の以前の問題も解決しました。 基本的に、私を含めて少数の人々が気にしなければならないもの。

転送速度

このテクノロジーが最初に登場したとき、SATAドライブは最大150MB / sの速度を提供していました。 明らかに、速度は以前のATAテクノロジーよりもはるかに優れています。 そして、その技術はその発端から大きく進歩しました。 同じシステム上の異なるドライブにデータを転送する際にも、それらがすべて別々のケーブル上にあるという事実のためにボトルネックはありません。

SATAドライブをマザーボードに直接接続するために使用されるSATAケーブルの例。


答え 2:

ATAは元の仕様で、多くのピンがあり、デバイスを接続するために(通常)リボンケーブルを使用していました。 ケーブルは通常、最大2つのデバイスを処理でき、1つはマスター(優先度が高い)、もう1つはスレーブ(優先度が低い)です。通常のケーブルでは、デバイスのジャンパーによってデバイスの優先順位が決定されました。ケーブル自体のデバイス位置によって決定されました。

SATAはATAコマンドセットを継続しますが、次の点が異なります。

1)シリアル接続です。したがって、デバイスとSATAインターフェイスは、幅の広いパラレルケーブルの代わりに、一度に1ビットのみを送信または受信します。

2)SATAケーブルにはほとんどのデバイスの電源が含まれますが、ATA(またはパラレルATAの場合はPATA)デバイスには別の電源コネクタ(通常はMolex)が必要です。

3)SATAインターフェースは、接続ごとに1つのデバイスをサポートします。各ケーブルは、SATAインターフェースと1つのデバイスに接続し、2つには接続しません。

さらに、SATAは、従来のPATAインターフェイスよりも期間ごとにはるかに多くのデータを送信できるようになりました。


答え 3:

ATAは元の仕様で、多くのピンがあり、デバイスを接続するために(通常)リボンケーブルを使用していました。 ケーブルは通常、最大2つのデバイスを処理でき、1つはマスター(優先度が高い)、もう1つはスレーブ(優先度が低い)です。通常のケーブルでは、デバイスのジャンパーによってデバイスの優先順位が決定されました。ケーブル自体のデバイス位置によって決定されました。

SATAはATAコマンドセットを継続しますが、次の点が異なります。

1)シリアル接続です。したがって、デバイスとSATAインターフェイスは、幅の広いパラレルケーブルの代わりに、一度に1ビットのみを送信または受信します。

2)SATAケーブルにはほとんどのデバイスの電源が含まれますが、ATA(またはパラレルATAの場合はPATA)デバイスには別の電源コネクタ(通常はMolex)が必要です。

3)SATAインターフェースは、接続ごとに1つのデバイスをサポートします。各ケーブルは、SATAインターフェースと1つのデバイスに接続し、2つには接続しません。

さらに、SATAは、従来のPATAインターフェイスよりも期間ごとにはるかに多くのデータを送信できるようになりました。