ツール、機器、機械、装置、機器の違いは何ですか? おおよそ似ていますか?


答え 1:

今日使用されているほとんどの単語の場合と同様に、それらはしばしば誤用されるか、存在する可能性のある差異を区別することを気にせずに一般的に使用されます。

物理学で学んだことは、単純な機械とは、方向を変えたり、力を掛けて仕事をするために使用できるデバイスであるということです。 複雑なマシンとは、自動化などのより複雑なタスクを実行できるように配置された単純なマシンの集まりです。

装置にはさまざまなものがあります。 タスクを実行するためのマシンのコレクション、またはタスクを実行するためにマシンを支援するために使用される補助機器などです。 装置は、マシンまたはツール自体よりも、システムまたはそのサポートネットワークの記述子です。

通常、楽器にはいくつかの意味が同時にあります。 音楽は別として、仕事にこだわるでしょう。 器具は、質量、音、圧力、温度など、ある程度の量を測定するために使用される装置としてよく説明されます。また、繊細な道具の場合は、医療分野のメスや鉗子のようなものです。 また、測定する量を制御できる機械でもかまいません。 プログラマブルコントローラは、一般的に機器と見なされます。

ツール。単純なタスクを実行したり、作業を行うために使用される一般的なハンドヘルドデバイス。 こじ開けバーは道具ですが、単純な機械(レバー)でもあるため、力をかけて仕事をします。 ハンマー、ドライバー、ペンチ、ペイントローラーはすべて、単一の、多くの場合簡単なタスクを達成するように設計されたツールです。 マシンは、より複雑なタスクを実行するために一緒に組み立てられた一連のシンプルなツールです。

機器とは、一般に、1つのタスクのパフォーマンスではなく、プロセス全体で使用されるすべてのツール、機器、およびマシンのコレクションを指します。


答え 2:

それはすべて命名法の問題です。はい、それらはすべてある意味でほとんど同じです。

私は、考えられるそれぞれの可能な限り最も広い、そして最も狭い定義で、これをより詳細に答えてみます。

ツール:

狭い:ドリルなどの工具鋼で作られた切断用具。

広い:鋭いスティックやソフトウェアスタックなど、あらゆるタスクのパフォーマンスを容易にするために使用されるデバイス。

楽器:

狭い:較正された測定を行うために科学および工学で使用されるデバイス。 (主計器としても知られています)例:オシロスコープ。

広い:測定を行うためのオブジェクト、または面白い音。 例:定規またはバイオリン。

機械 :

狭い:ワークピースが他の方法ではなく機械に運ばれる製造装置(工作機械とも呼ばれます)。 例えば、旋盤

幅広い:コーヒーグラインダーやコンピューターなど、あらゆる種類の有用な作業を行うための外部電源装置。

装置:

狭い:所定のタスクでの使用に必要な、雇用主によって発行された資産。 たとえば、倉庫内のフォークリフト。

幅広い:実用的な目的で個人が取得したアイテム(ハイキングブーツ、スキーポールなど)。


答え 3:

良い質問、多くの答えが、これは私が教えられたものです。

ツールは、ワークピースを研磨または変形したり、複数の部品を結合したりするオブジェクトです。

機器は、ワークピースの非破壊測定を行うデバイスです。

機械は、ワークを研磨するのに役立つ機械的な利点を持つデバイスです。

装置は、ワークピースを加工するあらゆる方法をサポートするために作られた構造です。

上記のすべてが装備品です。

お役に立てば幸いです。