公立病院と私立病院の違いは何ですか?


答え 1:

一方、公立病院は、政府の資金と資金で完全に運営されています。 建設から医師の費用、機器、薬まですべてが政府の予算に基づいています。 それゆえ、一つ一つのことは地方自治体によって世話されています。 公立病院は、急性疾患にもかかわらず、私立病院の高額な費用を払えない、それほど裕福でない多くの人々にとって好ましい選択肢であると考えられています。 政府によって管理されている病院は、明らかに人々のグループや1人の個人よりも多くの資金を持っているが、ほとんどの場合に期待できるレベルのサービスを提供していないことを見るのは非常に皮肉です。 しかし、これは、政府が防衛、教育、経済など多くの物を手に入れているため、政府が医療への予算の割り当てが限られているという事実による可能性があります。

チェンナイ政府総合病院

私立病院と公立病院の違いは何ですか?

•私立病院と公立病院の主な違いは、所有権です。 私立病院とは、自分で全体の財務を管理している人または多くの人々によって所有および管理されている病院です。 一方、公立病院は、政府の資金とお金で完全に運営されています。

•私立病院の料金は公立病院の料金よりも高くなっています。 ほとんどの場合、公立病院は無料または割引料金でサービスを提供しています。

•公立病院では、サービスのほとんどが無料であるため、待ち時間が長くなります。 一部の手術では、患者は自分の居場所を得るまで何年も待たなければなりません。 私立病院では、待ち時間が短くなります。 お金があれば、すぐに操作を完了させることができます。

•私立病院には最新の設備があり、設備も長持ちします。 公立病院には優れた設備がありますが、極端な使用のため、私立病院の病院よりも頻繁に損傷を受ける可能性があります。

•公立病院では、医師1人あたりの患者数が多くなっています。 注意があまりにも分かれているので良くありません。 医者にとっても大変です。

•私立病院は一種のビジネスであるため、他のビジネスと同様に利益を上げます。 しかし、公立病院の場合はそうではありません。 政府は、国民の健康のために公立病院を運営し、利益を上げない


答え 2:

前者は後者よりもはるかに大きくなる傾向があるため、「大きな病院」とも呼ばれます。 一方、私立病院ははるかに小規模である傾向があり、公立病院は地元、州、連邦の資金によって資金提供されています。 ...私立病院は個人所有であるため、治療を拒否する権利があります。

私立病院の長所と短所

多くの人々は、緊急事態やさまざまな治療のために私立病院に行くことを好みます。 いくつかの利点が含まれます:

  • 看護師は通常、数十人の患者に責任を負わせるのではなく、一度に数人の患者をケアするだけで済みます。彼らは通常、技術の最先端にとどまる傾向があります。公立病院は、病院よりも素敵なホテルのように感じられる高級な設備を備えていることが多く、待ち時間は短い傾向があり、通常、医師と患者の比率は優れています。

私立病院にも重大な欠点があります。 例えば:

  • 彼らはしばしば、限られた形態の保険しか受け入れない、彼らは、彼らが支払うことができるとは思わない人を治療することを拒否する権利を持ち、彼らはまた、一般により高価になる傾向があります。

大きな公立病院の長所と短所

ほとんどの人が病院を必要とするとき、彼らは一般に大きな公共の病院に行き着きます。 公立病院には次のような利点があります。

  • 公立病院はだれも退けられないので、訪問すると必ず治療を受けます。彼らは公的資金を受けており、営利目的ではないため、通常は私立病院よりもはるかに手頃です。通常、私立病院よりも多くのベッドがあります。

公立病院の欠点については、考慮すべき点がいくつかあります。

  • その規模は非常に大きく、従業員の数は私立病院よりもはるかに多いですが、患者と医師の比率はあまりよくない傾向があります。 看護師は患者に過負荷になることが多いため、時間帯や緊急事態の性質によっては、数時間待ってから診察を受けることもできます。 結局のところ、公立病院は誰も拒否することはできません。

答え 3:

前者は後者よりもはるかに大きくなる傾向があるため、「大きな病院」とも呼ばれます。 一方、私立病院ははるかに小規模である傾向があり、公立病院は地元、州、連邦の資金によって資金提供されています。 ...私立病院は個人所有であるため、治療を拒否する権利があります。

私立病院の長所と短所

多くの人々は、緊急事態やさまざまな治療のために私立病院に行くことを好みます。 いくつかの利点が含まれます:

  • 看護師は通常、数十人の患者に責任を負わせるのではなく、一度に数人の患者をケアするだけで済みます。彼らは通常、技術の最先端にとどまる傾向があります。公立病院は、病院よりも素敵なホテルのように感じられる高級な設備を備えていることが多く、待ち時間は短い傾向があり、通常、医師と患者の比率は優れています。

私立病院にも重大な欠点があります。 例えば:

  • 彼らはしばしば、限られた形態の保険しか受け入れない、彼らは、彼らが支払うことができるとは思わない人を治療することを拒否する権利を持ち、彼らはまた、一般により高価になる傾向があります。

大きな公立病院の長所と短所

ほとんどの人が病院を必要とするとき、彼らは一般に大きな公共の病院に行き着きます。 公立病院には次のような利点があります。

  • 公立病院はだれも退けられないので、訪問すると必ず治療を受けます。彼らは公的資金を受けており、営利目的ではないため、通常は私立病院よりもはるかに手頃です。通常、私立病院よりも多くのベッドがあります。

公立病院の欠点については、考慮すべき点がいくつかあります。

  • その規模は非常に大きく、従業員の数は私立病院よりもはるかに多いですが、患者と医師の比率はあまりよくない傾向があります。 看護師は患者に過負荷になることが多いため、時間帯や緊急事態の性質によっては、数時間待ってから診察を受けることもできます。 結局のところ、公立病院は誰も拒否することはできません。