脊索と神経索の違いは何ですか?


答え 1:

脊索と神経索は、脊索動物の2つの特徴的な特徴です。脊索と神経索の両方は、体の背部の首から尾までです。脊索は骨格のrod体であり、神経索は神経組織の硬い鎖です。脊索と神経索の主な違いは、脊索が骨格系に属し、神経索が脊索の中枢神経系に属することです。脊索は、神経索と中枢神経系の間に発生します。神経索は脊索の下に発生します。脊索は、骨格筋の付着部位を提供します。神経索は身体の機能を調整します。

脊索とは

脊索は、体を支える脊索の縦方向の柔軟なロッドを指します。また、脊椎動物の初期胚段階でも発生します。成体脊椎動物では、脊索は、神経索を取り囲む脊柱の一部になります。脊索は、体の背面近くの頭から尾まで伸びています。軟骨構造で、中胚葉由来の細胞が含まれています。脊索動物における脊索の主な機能は、動物に軸方向のサポートを提供することです。脊索はまた、骨格筋の付着部位を提供します。

神経索とは

神経索とは、脳と脊椎動物の脊髄に発達する神経線維の主要な索を指します。動物には、背側神経索と腹側神経索の2種類の神経索があります。脊索では、神経索は脊索の背側にある中空の索です。左右相称動物などの脊索動物では、神経索は体の腹側にあります。