警告請願書と法的通知の違いは何ですか?


答え 1:

いかなる訴訟手続においても、反対者に対する救済を得るために裁判所を動かしている者は、彼の主張を通知しなければなりません。 この通知は裁判所を通じて発見され、裁判所はそのような通知のモードを命令します。 これは、基本的な原則、つまりアウディアルテラパトレムに従うことです。つまり、(結論に達する前に)双方の意見を聞くことです。 通知を行う間、裁判所は、事件の状況に応じて、聴聞を最大4週間延期します。 この時間内に、請願者は通知のサービスを証明する必要があります。

しかし、請願者が緊急の救済のために裁判所に近づくという緊急の問題がいくつかあります。 このような場合、申立人は、暫定措置として相手方に通知することなく、緊急に救済を発行するよう裁判所に訴えます。 たとえば、差止命令(一般市民の理解のために、滞在と呼ばれますが、法的に言えば、両者にわずかな違いがあります)を考えてみましょう。 申立人の反対者は、申立人の複合壁を破壊し続けることにより、申立人の財産を侵害しました。 原告/申立人は、被告/被申立人が複合壁を取り壊すのを阻止するために、差し止め命令を求めて裁判所に接近し、前者は、通知の送達を4週間待つことができません。 彼は差し止め命令による即時の救済を求めています。 訴訟のメリットに応じて、裁判所は、被告が出頭するまで通常有効な一時的差止命令を認めることがあります。 被告人が警告を提出していない場合にのみ、原告によって定められた緊急性のために被告人の意見を聞くことなく一時的差止命令が与えられます。

警告により、被告は、裁判所に、聴聞の機会を与えずに命令を下すことはできないことを要求します。 そのような場合、原告の表明による衝動にもかかわらず、裁判所は被告に通知を出す必要があります。

警告は、民事訴訟法(CPC)のセクション148Aに準拠しています。 警告は、法廷に提出された日から90日間有効です。 警告のプロセスは、命令を渡す前に訴訟の両当事者の意見を聴取するという裁判所の原則を満たすことです。

警告は特定の形式で記入する必要があります。 この形式は、請願の形式とは異なります。

希望、私は警告の目的を明確にした。 さあ、請願書を作成します。 救済の申し立ては裁判所に提出されます。 訴訟請願と呼ばれる場合、訴訟財産の検査、証人の検査、法令の執行を裁判所に要求するためなどです。 裁判所からの救済を求めて請願書を提出することができます。