2D CAD図面と3D CAD図面の違いは何ですか?


答え 1:

二次元(2D)オートCAD図面:

コンピューターは、高さや幅などのデザインを追加した2次元のみをサポートします。 オブジェクトの厚さをサポートしていません。

2Dオブジェクトには、次のような2つの次元があります。

  • 長方形、円形、三角形など

2D Auto-cad Drawingは、3つの重要なグループまたはパーツに分けることができます。

「製品図面」-

「製造業者および製造業者の業界で使用される2D Auto-cad図面。 3D CADモデルで作成された2D図面のほとんどです。 製造業者または製造に関する作業の情報は、2D図面に基づいています。 この文脈では、紙に印刷するときに図面にはすべての情報が含まれています。

「建設図面」-

建築図面、建築業者、間取り図、設置者、M&E図面、これらのタイプの図面は、建設図面に含まれています。 そのため、これも2D CAD図面の一部であり、印刷して読みやすいフロアプランにすることができます。Elevations&Pipeはこれらのタイプの図面を3Dで作成します。 しかし、反対側では、M&E図面は2Dフロアプランのスイッチとソケットのような記号で示されています。

"線画"-

これらのタイプの図面には、基本的に、スケマティック、マップ図面、および単純なレイアウト図面が含まれています。 したがって、これらの図面は、AutoCADやAssaultシステムの製図などのCADパッケージで作成されます。

三次元(3D)自動CAD図面:

「3次元モデル」として知られる「3D」は、基本的に3Dディスプレイであり、人間の目には簡単に見えるようなデザインの構造で物理的に存在するように見えます。 したがって、これはアイテムの意味で説明することもできます。アイテムは、さまざまな次元を表すことができる形式で表示されます。 したがって、高さ、幅、深さも3D寸法に含まれます。

例–

  • 現実世界の別のオブジェクトと別の例は、同じく3次元の私たちの体です。言い換えると、奥行きの知覚を提供する画像も3Dによって記述されます。

視聴者がシーンに関与していると感じるように3D画像または図面をインタラクティブに作成する場合、その体験は仮想現実と呼ばれます。 通常、3D画像を表示して通信するには、Webブラウザーに特別なプラグインビューアーが必要でした。

テッセレーション、ジオメトリ、およびレンダリングは、「3フェーズ」プロセスとして表示される3D画像作成です。 したがって、「最初のフェーズ」では、リンクポイントを使用して特定のオブジェクトまたは個別のオブジェクトでモデルを構成し、多数の個別のタイルで作成します。 このフェーズの後、「第2フェーズ」では、タイルは非常に多くの異なる方法で変換され、ライト効果を適用することもできます。 次に、この3Dモデルの最後の「第3段階」で、変換された画像または図面が、非常に細かい情報または詳細なオブジェクトとともにレンダリングされます。

そのため、3Dエフェクトで作られた人気のある製品には、非常に重要な極端な3Dと仮想現実が含まれています。 この「バーチャルリアリティモデル言語」(VRML)により、作成者は画像または図面、および表示のルールを指定できます。 また、このコミュニケーションまたは良好な相互作用によって、テキスト言語のステートメントが使用されます。

2Dと3DのAutoCAD描画の主な違い」:-

「2D」は、平面上の長さと高さで表現される2次元ジオメトリとして表示されますが、深さはありません。 例の1つは、2次元の「シャドウ」です。 したがって、この方法では、2D形状は通常cm2などの正方形単位で測定されます。 3次元の図面またはモデルとして定義されている3Dに対して、オブジェクトは「深度」で記述されています。 オブジェクトのこの深さは重量と混同しないでください。2つのオブジェクトは同じ深さになる可能性がありますが、1ガロンの牛乳のように2つ目のオブジェクトは他の重いオブジェクトよりも重量が少ないため、2つ目のオブジェクトよりもはるかに重いことがあります。 したがって、3D測定には立方単位cm3、クォートリットル、および大さじ1杯が含まれます。 したがって、これが2Dと3Dの大きな違いです。

したがって、物理に3Dを適用すると、3つの空間的に列挙可能なベクトルとして見ることができます。 いくつかのより互換性のある物理的寸法があり、それらは検出できないほど小さい場合もあります。 キューブが正方形に対して行うのと同じ関係を保持するテッセラクトまたはハイパーキューブの概念があります。 実際のテセラクトは、3Dボディで構築することはできませんが、3D表現を構築することはできます。 この3Dの概念は、この点で2D図面とは異なります。


答え 2:

エンジニアとして最初に教えられることは、2D図面と3D図面の違いです。 CADは、基本で教えられていることと何も変わりません。

2D描画:オブジェクトが2軸を参照して認識されると、オブジェクトの2D解釈が得られます。 2D図面は、紙などに簡単に描画できます。

同様に、2D CADはオブジェクト/製品の2次元ビューの生成に役立ちます。 AutoCADのようなソフトウェアは、2D図面をリードしています。 2Dの場合、Designerは最終製品がどのように見えるかを理解する必要があります。これは、技術的な知識がない人にとっては難しいかもしれません。

3D図面:オブジェクトが3軸の助けを借りて定義された場合、それを3D図面と呼び、CADの3Dを使用して、最終製品の正確な出力を取得できます。 最終製品は現状のままで見ることができ、実際の製造にも役立ちます。想像力のために何も残されていないので、誰でもデザインを読んで理解することができます。

3Dモデリングにより、プレゼンテーション、消費者、労働者、コマーシャルなどで製品を簡単に説明できます。

分析:

製品を設計した後、必要な主要なステップは分析です(単純な応力ひずみから複雑な空力までさまざまな種類の分析が考えられます)。 3D CAD設計を使用して製品を分析し、最大効率の製品を保証できます!

この回答がお役に立てば幸いです! :)


答え 3:

エンジニアとして最初に教えられることは、2D図面と3D図面の違いです。 CADは、基本で教えられていることと何も変わりません。

2D描画:オブジェクトが2軸を参照して認識されると、オブジェクトの2D解釈が得られます。 2D図面は、紙などに簡単に描画できます。

同様に、2D CADはオブジェクト/製品の2次元ビューの生成に役立ちます。 AutoCADのようなソフトウェアは、2D図面をリードしています。 2Dの場合、Designerは最終製品がどのように見えるかを理解する必要があります。これは、技術的な知識がない人にとっては難しいかもしれません。

3D図面:オブジェクトが3軸の助けを借りて定義された場合、それを3D図面と呼び、CADの3Dを使用して、最終製品の正確な出力を取得できます。 最終製品は現状のままで見ることができ、実際の製造にも役立ちます。想像力のために何も残されていないので、誰でもデザインを読んで理解することができます。

3Dモデリングにより、プレゼンテーション、消費者、労働者、コマーシャルなどで製品を簡単に説明できます。

分析:

製品を設計した後、必要な主要なステップは分析です(単純な応力ひずみから複雑な空力までさまざまな種類の分析が考えられます)。 3D CAD設計を使用して製品を分析し、最大効率の製品を保証できます!

この回答がお役に立てば幸いです! :)


答え 4:

エンジニアとして最初に教えられることは、2D図面と3D図面の違いです。 CADは、基本で教えられていることと何も変わりません。

2D描画:オブジェクトが2軸を参照して認識されると、オブジェクトの2D解釈が得られます。 2D図面は、紙などに簡単に描画できます。

同様に、2D CADはオブジェクト/製品の2次元ビューの生成に役立ちます。 AutoCADのようなソフトウェアは、2D図面をリードしています。 2Dの場合、Designerは最終製品がどのように見えるかを理解する必要があります。これは、技術的な知識がない人にとっては難しいかもしれません。

3D図面:オブジェクトが3軸の助けを借りて定義された場合、それを3D図面と呼び、CADの3Dを使用して、最終製品の正確な出力を取得できます。 最終製品は現状のままで見ることができ、実際の製造にも役立ちます。想像力のために何も残されていないので、誰でもデザインを読んで理解することができます。

3Dモデリングにより、プレゼンテーション、消費者、労働者、コマーシャルなどで製品を簡単に説明できます。

分析:

製品を設計した後、必要な主要なステップは分析です(単純な応力ひずみから複雑な空力までさまざまな種類の分析が考えられます)。 3D CAD設計を使用して製品を分析し、最大効率の製品を保証できます!

この回答がお役に立てば幸いです! :)