120Vと240Vの違いは何ですか?


答え 1:

10アンペアで240ボルト(P = VxI)は、特定の負荷に対して20アンペアで120ボルトと同じ電力を供給します。 -しかし-10アンペアで240ボルト-より高い圧力で-さらに同じケーブル内で、2倍の電流で120ボルトよりも少ないケーブル損失でさらに動作します。ケーブルの断面積を小さくして電流を低くすることができるため、銅またはアルミニウムの使用量が少なくなるため、設置費用が安くなります。

私が理解しているように(そして私は他の人による修正を受け入れています)-120ボルトシステムは、米国で使用されているように、ウェスティングハウスとエジソンのDC時代に設計されました。 。それはやや「安全」で生産が容易で、12ボルトのバッテリーの10倍であると考えられていました。

Acシステムが米国内に導入されたとき(Teslaなどによって強くプッシュされた場合)、ケーブルは低品質の絶縁とともに高電圧にアップグレードする必要があるため、単に同じ圧力(120ボルト)に電圧を維持しました。評価は、費用がかかりました。 120ボルトの圧力が所定の位置にとどまっている間、彼らはバッテリーを交換し、変圧器と関連するAC整流器のさらに新しい技術に置き換えました。同じケーブルは、DC 120 VまたはACで動作します。

Dcに滞在することは、主にウェスティングハウスのアイデアでした-お金を盗む人がその使用に対して消費者に請求できるため、当時はAcをそれほど簡単に行うことができませんでした。お金は常識よりも大声で話すので、Acの方が技術的に優れているにもかかわらず、Dcはしばらくの間そのままでした。都市が大きくなり、より長い伝送ケーブルが使用されるようになると、技術的な理由でDC伝送は最終的に廃止されましたが、古い電線ケーブルはそのままで、120ボルト以下でしか確実に機能しませんでした。

英国人とその後のオーストラリアが同じシステムを採用するまでに、長いケーブル配線の損失を無効にするために、より高い電圧に移行しました-送電に関する技術的な問題の多くはその時点でよりよく理解され、仕様の配線が不十分な既存の電気システム。

今日、このような電圧差は、変圧器や他の技術が変換を支援するほど大きな問題ではありません。


答え 2:

主な違いは、電流(1 phライン)が120v回路の半分であることです。さらに、安全のためにニュートラルを実行することをお勧めしますが、240vデバイスはニュートラルなしで実行され、最終的に240v回路は120v回路で頻繁に発生するようなニュートラルの損失による電圧変動の影響を受けません。


答え 3:

ヨーロッパでは、240Vはライブとニュートラルを使用するため、ライブは240Vで接地されます。これは、北米の120Vと同じ概念です。英国ではリング回路を使用し、北米では分岐ツリーシステムを使用しています。他の国についてはわかりません。活線はブレーカーまたはヒューズで保護されています。コンピュータの電源コードのようなものは、活線、中性線、およびアース線を使用して、本質的に同一です。

北米では、家庭用240Vは分割相です。 2つの生命があり、それぞれが接地に対して120Vで、その間に240Vがあります。中性線がある場合とない場合があります。アース線があります。命は一組のブレーカーによって保護されています。実際のワイヤは同じです。絶縁体の定格は500Vですが、ワイヤゲージは電流定格によって決まります。ほとんどの120V回路の定格は16Aですが、240V回路の定格は16A、20A、30A、50Aなどです。30Aはドライヤーの一般的な定格、40Aは電気ストーブの定格です。 16A 240V回路と同じ3線ケーブルを16A 120V回路に使用できます。ニュートラル、つまり4ピンコンセントがある場合、4線ケーブルが使用されます。一般に、照明器具や電動工具などの小さな負荷は常に120Vを使用し、240Vは給湯器、乾燥機、電気自動車の充電などの高電力負荷に使用されます。

正確な詳細については、管轄区域の関連する電気法規を参照してください。電気配線もご覧ください-ウィキペディア

[中性線は公称接地(接地)電圧にありますが、中を流れる電流と有限の電線抵抗により、実際の接地電圧にはなりません-ボルトまたはそれとは異なる場合があります。通常の設置では、ニュートラルは電源トランスでアースに接続されます。 IEEEおよびその他の規格は、「ライン」および「ニュートラル」を指します。「ライン電圧」は、電力線によって供給される電圧(120V、240V、480Vなど)です。ブレーカーは「ライン」ワイヤにあります。一般的な用語では、非中性線は「ライブ」または「ホット」と呼ばれます。これは上で使用したものです。]