ひずみと応力の実際の違いは何ですか?


答え 1:

応力は、荷重を受けたときに材料が提供する内部抵抗(単位面積あたり)です。 言い換えれば、外部負荷に対する材料の反応です。 応力は数学的に定義された量であり、直接測定することはできないため、ひずみを介して計算されます。

現在、菌株は物理的に検出可能です。 それらは、「元の対応する次元で割った次元の変化」として定義されます。 ひずみは、ひずみゲージを使用して直接測定するか、変位によって計算できます。

要約すると、身体に負荷がかかると、その中にストレスが発生し、そのストレスが発生します。


答え 2:

応力は、単位面積あたりに作用する内力または復元力として定義されます。

応力の実際の意味は、何らかの力を加えると、棒を引っ張っているときに、復元力または単位面積あたりに作用する抵抗力自体が応力である分子特性により、材料内にある程度の抵抗があることです。

適用された荷重により材料の寸法に何らかの変化があるため、元の寸法に対するこの寸法の変化の比率が歪みであるため、応力により材料に歪みが生じます。

ただし、たとえば熱ひずみなど、応力のないひずみがある特殊なケースがいくつかあります。たとえば、片方の端だけが固定され、加熱されているバーを考えてみましょう。バーの長さに変化があります。ストレスなしのひずみの。


答え 3:

私の理解では、議論の対象が金属のような固体物質である場合、ストレスが適用されます。 応力は、単位面積あたりの力(パスカル)で定義できます。 すべての金属には強要能力があり、それを超えると形状と引張強度が永久に失われます。

ひずみは、ゴムバンドなどの弾性物質に適用されます。 ひずみにより、物質は通常の長さを超えて伸び、力が解放されると物質は通常の長さを取り戻します。 これは弾性特性としても知られています。 物質が受けるひずみの量は、ひずみ比の形式で定義できます。:ストレッチ長さ/元の長さ。 繰り返し伸びると、物質の弾性が失われます。


答え 4:

私の理解では、議論の対象が金属のような固体物質である場合、ストレスが適用されます。 応力は、単位面積あたりの力(パスカル)で定義できます。 すべての金属には強要能力があり、それを超えると形状と引張強度が永久に失われます。

ひずみは、ゴムバンドなどの弾性物質に適用されます。 ひずみにより、物質は通常の長さを超えて伸び、力が解放されると物質は通常の長さを取り戻します。 これは弾性特性としても知られています。 物質が受けるひずみの量は、ひずみ比の形式で定義できます。:ストレッチ長さ/元の長さ。 繰り返し伸びると、物質の弾性が失われます。