クラスAと他のパワーアンプの違いは何ですか? なぜパワーアンプクラスBが広く使用されているのですか?


答え 1:

クラスAは最も原始的なタイプのパワーアンプです。単一のトランジスタが必要です。これは、最も線形であるが効率が最も低いことです。最小の効率は、入力がない場合でもトランジスタが常にオンになるためです。ベースでの信号... qポイントは負荷線の中央にあり、線形性を保証します...このクラスの伝導角は360度です...つまり、入力波の全サイクルが出力に現れます...伝導角と構築が容易です。

一方、クラスBは2つのBJTを使用します。各BJTのqポイントは負荷ラインの最端にあります。...これは2つのトランジスタを使用します。逆に…クリーンな波が得られ、各トランジスタの導通角は180度です…オンになるとオフになります。したがって、電力が節約され、効率が78.5%に向上します。アンプのステージ...しかし、それはまた、クロスオーバー歪みの大きな欠点を持っています。


答え 2:

違いは、Qポイントの配置です。 クラスAでは、Qポイントは信号が存在しない場合でも電力損失があるように配置されますが、これは小さくありません。 クラスBは電力効率に優れています。 信号がない場合、電力損失はまったくありません。信号が存在する場合、電力損失は信号のピークに比例します。

これは、高出力アンプ/送信機にとって大きな違いになるため、このようなシナリオではクラスBが一般的です。