顧客と購入者の違いは何ですか?


答え 1:

顧客とは、ベンダーとの信頼関係を築き、ほとんどの場合そのベンダーから買い物をするだけであるため、ショップに戻って来ます。何かを買ってから二度と戻ってこないか、ほとんど店に戻りません。


答え 2:

2つの違い

バイヤーは、果物や野菜などの一般的なものを購入する人です。

しかし、顧客は彼が特に選んだものを買う人です。 たとえば、ある人が洋服を縫うためにテーラーショップに行きます。 それから彼は仕立て屋の顧客であり、買い手ではありません。

同様に、製品がブランドなどに基づいて区別される場合、その購入者は顧客です。 同種ベースでは、バイヤーの40%が100gの歯磨き粉を購入していると言えます。 しかし、私たちが言うとき、誰かが100gのコルゲートの歯磨き粉を買った後、彼はコルゲートの顧客になります。

そのため、これは一般に人々が同義語として使用する2つの用語のわずかな違いです。

お役に立てれば。 ありがとうございました!


答え 3:

企業が提供するサービスを利用する顧客として顧客を定義するのは公平です。Bankkのクライアントは、お金を預け入れたり、ローンやその他の銀行サービスを利用したりするのは、銀行Aの顧客であり、定期的に同じ店に来て買い物をしますニーズはその店の顧客です。 販売された製品の購入に加えて、顧客は、信頼できる優れた製品、迅速な注意、公正な価格、鋭利な慣行などに関して提供する体験を評価することにより、ショップとの絆を確立しています。

BUYERという用語は、CUSTOMERまたはカジュアルバイヤーのいずれかを指します。

バイヤーにはもう1つの意味があります。一次生産者からmaterail(原料または半完成品)を調達する人です。 例:High BRand Valueアウトレットから購入するブランド製品は、ショップチェーン、primaryのプロデューサー、織物のように、テーラー等のバイヤーがソースでこれらをスクリーニングし、プロデューサーを払い戻し、これらが行われる可能性のある工場に向けて仕様に合わせて作られています販売チェーンでそれらを識別する仕上げのタッチとファンシーラベル。

ショールームから購入する自動車は、いくつかのサブアセンブリで構成されており、そのほとんどはバイヤーが小規模または中規模のユニットから購入しています。


答え 4:

バイヤーとカスタマーの違い

お客様:

  1. 顧客とは、財、サービス、製品、またはアイデアの受領者であり、売り手、ベンダー、またはサプライヤーから金融取引または金銭またはその他の貴重な対価の交換を介して取得したものです。つまり、顧客満足は販売の重要な用語です。顧客は常にアフターサービスと売り手との絶え間ない接触を望み、必要としています。私たち(販売者)は所有権を(顧客)に提供します。

一方、バイヤー:

  1. 買い手とは、お金と引き換えに製品または資産を取得する人のことです。買い手は、販売または購入後に同じ製品で返品することはありません。買い手は、アフターサービスを必要としないため、製品:購入者は、金融契約と引き換えに製品の所有権を取得または購入します。

あなたの質問に答えたことを願っています。

ありがとうございました。