ERPとEコマースの違いは何ですか?


答え 1:

Eコマースは、販売、マーケティング、配送、顧客サービス、原材料の購入、生産のための供給など、顧客、サプライヤー、外部パートナーに触れる外部プロセスを対象としています。それには、新しいビジネスモデルと、新しい収益を獲得したり、既存の収益を新しい競合他社に失う可能性が含まれます。

一方、

ERPにはeコマースが含まれますが、生産、在庫管理、製品開発、リスク管理、財務、知識管理、人事などの内部プロセスも含まれます。 E-business(ERP)戦略はより複雑で、内部プロセスに重点を置いており、コスト削減と効率、生産性、およびコスト削減の改善を目的としています。

お役に立てれば

ありがとう。


答え 2:

ERP

エンタープライズリソースプランニング(ERP)は、組織が統合アプリケーションのシステムを使用してビジネスを管理し、テクノロジー、サービス、人事に関連する多くのバックオフィス機能を自動化できるビジネスプロセス管理ソフトウェアです。

ECOMMERCE

電子商取引(電子商取引またはEC)は、主にインターネットを介した電子ネットワークを介した商品やサービスの売買、または資金やデータの送信です。これらのビジネストランザクションは、ビジネスツービジネス、ビジネスツーコンシューマ、コンシューマツーコンシューマ、またはコンシューマツービジネスのいずれかとして発生します。


答え 3:

e-Commerceはオンラインビジネスであり、Enterprise Resource Planning(ERP)は、効率的かつ最大限の精度で多様なビジネスオペレーションを実行するのに役立つソフトウェアです。技術的には、両方とも互いに比例しています。

技術は絶えず進化しており、電子商取引ビジネスは絶頂期にあります。スマートフォン、ソーシャルメディアWebサイト、およびインターネットにより、顧客は技術に精通し、情報に精通しています。そして、これは市場での競争レベルを強いています。

さまざまなビジネスタスクを手動で、または従来のビジネスソフトウェアで実行するだけでは不十分です。これは、Value Creation Automation(VCA)などの高度なソフトウェアであり、ビジネスプロセス全体の合理化をサポートし、企業が完全な競争上の優位性を獲得するのに役立ちます。

VCAなどの高度なERPソフトウェアは、人、プロセス、およびその他すべての多様なビジネス機能を統合したままにするように設計されています。データやレポート全体をビジネスリーダーの指先で確認できるため、意思決定能力が向上します。さらに、VCAは共有データベースを作成します。共有データベースでは、所有者、ディレクター、マネージャー、およびその他の従業員が、指定された役割に従って、部門間で同時に情報を即座に共有できます。

自動化された電子メールマーケティング、自動化されたSMSマーケティング、自動化されたソーシャルメディアマーケティング、およびビルトインCRMを備えたVCA ERPソフトウェアは、企業が健全でパーソナライズされた関係を構築するのに役立ちます。あらゆる種類のコミュニケーションのギャップを解消し、企業が顧客と継続的につながり続けるのを支援します。企業は、多様なメディアプラットフォームを通じて24時間365日の可用性を確保できます。これは、eコマース企業が健全なリードを生み出し、コンバージョン率最適化(CRO)を向上させるのに役立ちます。これは、ビジネスの継続的な成長と成功に大きく役立ちます。

アイデアの生成、原材料の調達、問題領域の特定と排除から、人事、財務、サプライチェーン、販売、マーケティングまで、VCAは管理のあらゆる側面を自動化します。それは人間の介入を減らし、それによりVCAはエラー率を最小に保ちます。これ以外に、VCAはクラウドベースのソリューションを提供し、高度なSaaS(Software-as-as-as-Service)テクノロジーも組み込んでおり、SMEと大企業の両方に適した手頃なERPソフトウェアになっています。

VCAなどの高度なERPソフトウェアには、視覚的なダッシュボードが付属しており、いつでもどこからでもアクセスできます。トランザクションはリアルタイムで記録および報告され、ビジュアルダッシュボードには、携帯電話やタブレットでもトランザクション情報全体が表示されます。ビジネスリーダーは、旅行中であっても業務をきめ細かく制御でき、従業員は24時間365日、さまざまなビジネス機能を実行できます。これにより、顧客の信頼性が高まり、購入決定に大きな影響を与えます。

企業にとって、VCA ERPソフトウェアはプロセスを合理化し、データ、ステートメント、レポートを整理し、顧客、サプライヤー、投資家、債権者、従業員、税務当局、その他のすべての利害関係者の信頼を獲得することをサポートします。これは全体的な成長に不可欠です。