体内時計と概日リズムの違いはありますか? もしそうなら、それは何ですか?


答え 1:

はい、違いがあります。 概日時計は、毎日24時間のリズムにのみ関係します(ラテン語「Circa」=約、「dia」= 1日から)。 一方、生物時計は、数十年(たとえば寿命)、年(たとえば哺乳類の冬眠、冬/夏の毛の厚さの変化、または人々の気分の変化)、月(たとえば月経周期) 、日数(睡眠/覚醒サイクルなど)、時間(レム睡眠サイクル、消化)、秒(心拍数など)。 これらの各クロックには異なるメカニズムがあります。 生物学的年齢はテロメアの長さによって追跡されます-テロメアの長さ-細胞がDNAを複製して分裂することができるかどうかを決定する細胞核の構造です。 季節を超えて日長を変えると、交尾周期、成長、冬眠などに影響するホルモンの年次変化が引き起こされます。毎日の(概日時計)も日光に反応しますが、日の出/日の入りに反応して、視交叉上核と呼ばれる脳構造で制御されます( SCN)。 レム睡眠、消化、脈拍数を制御する脳、消化器系、心臓などの高速クロックは、それらの構造内のローカルペースメーカー細胞と回路によって制御されます。 それでは一生のうちに何回心臓が鼓動しますか? 身体全体に拡大し、秒を時間に、時間を日に、日を年に変換する生物学的時間の「普遍的な通貨」があるかどうかは、誰も本当に知りません。