Seleniumでは、get()メソッドとnavigate()。to()メソッドの違いは何ですか?


答え 1:

ナビ

WebDriverで最初に行うことは、ページに移動することです。これを行う通常の方法は、getを呼び出すことです。

driver.get( "http://www.google.com");

WebDriverは、テストまたはスクリプトに制御を戻す前に、ページが完全にロードされる(つまり、onloadイベントが発生する)まで待機します。ロード時に多くのAJAXを使用するページの場合、WebDriverが完全にロードされたことを認識できない可能性があることに注意してください。そのようなページが完全にロードされるようにする必要がある場合は、待機を使用できます。

ナビゲーション:履歴と場所

前に、getコマンド(driver.get( "http://www.example.com"))を使用してページに移動する方法について説明しました。ご覧のように、WebDriverには、より小さく、タスク中心のインターフェースとナビゲーションがあります。便利なタスクです。ページのロードは基本的な要件であるため、これを行う方法はメインのWebDriverインターフェース上に存在しますが、それは単に次の同義語です:

driver.navigate()。to( "http://www.example.com");

繰り返しますが、navigate()。to()とget()はまったく同じことを行います。一方はもう一方よりもはるかに簡単に入力できます!

ナビゲートインターフェースは、ブラウザの履歴を前後に移動する機能も公開します。

driver.navigate()。forward();
driver.navigate()。back();

どちらも、指定されたWebページに移動するようです。

navigate()。to()とget()はまったく同じことを行います。

シングルページアプリケーションはこれの例外です。

これら2つのメソッドの違いは、動作にあるのではなく、アプリケーションの動作とブラウザーの処理方法にある動作にあります。

navigate()。to()は、前方/後方ナビゲーションのようにURLを変更してページに移動します。

一方、get()はページを更新してURLを変更します。

そのため、アプリケーションドメインが変更された場合、両方のメソッドは同様に動作します。つまり、どちらの場合もページが更新されます。ただし、単一ページのアプリケーションでは、navigate()。to()はページを更新しませんが、get()は更新します。

さらに、これは、アプリケーションが更新されたためにget()が使用されたときにブラウザーの履歴が失われる理由です。

P.Sクレジット:webdriver.get()とwebdriver.navigate()の違い


答え 2:

スクリプトを実行するときに最初に行うことは、ブラウザーを開いてWebページを読み込むことです。通常、「driver.get(“ url”);」を使用してWebページを読み込みます。このコマンドを使用するたびに、ページが更新されます。

「driver.navigate()。to(“ url ’);”」を使用してWebページをロードすることもできます。両方のコマンドは、動作の点で同じように機能します。ただし、navigate()。to()には、navigate()。forward()、navigate()。back()、navigate()。refresh()などの他の関数もあります。

そのため、driver.get()は履歴を保存しないのに対し、driver.navigate()。to()はブラウザの履歴を保存して、他のコマンドの前後などに使用できるようにします。

単一ページのアプリケーションでは、navigate()。to()がURLを変更することでページにナビゲートしている間、フォワード/バックワードのように、get()はページを更新します。

このスタックオーバーフローに関するその他の参照


答え 3:

スクリプトを実行するときに最初に行うことは、ブラウザーを開いてWebページを読み込むことです。通常、「driver.get(“ url”);」を使用してWebページを読み込みます。このコマンドを使用するたびに、ページが更新されます。

「driver.navigate()。to(“ url ’);”」を使用してWebページをロードすることもできます。両方のコマンドは、動作の点で同じように機能します。ただし、navigate()。to()には、navigate()。forward()、navigate()。back()、navigate()。refresh()などの他の関数もあります。

そのため、driver.get()は履歴を保存しないのに対し、driver.navigate()。to()はブラウザの履歴を保存して、他のコマンドの前後などに使用できるようにします。

単一ページのアプリケーションでは、navigate()。to()がURLを変更することでページにナビゲートしている間、フォワード/バックワードのように、get()はページを更新します。

このスタックオーバーフローに関するその他の参照


答え 4:

スクリプトを実行するときに最初に行うことは、ブラウザーを開いてWebページを読み込むことです。通常、「driver.get(“ url”);」を使用してWebページを読み込みます。このコマンドを使用するたびに、ページが更新されます。

「driver.navigate()。to(“ url ’);”」を使用してWebページをロードすることもできます。両方のコマンドは、動作の点で同じように機能します。ただし、navigate()。to()には、navigate()。forward()、navigate()。back()、navigate()。refresh()などの他の関数もあります。

そのため、driver.get()は履歴を保存しないのに対し、driver.navigate()。to()はブラウザの履歴を保存して、他のコマンドの前後などに使用できるようにします。

単一ページのアプリケーションでは、navigate()。to()がURLを変更することでページにナビゲートしている間、フォワード/バックワードのように、get()はページを更新します。

このスタックオーバーフローに関するその他の参照


答え 5:

スクリプトを実行するときに最初に行うことは、ブラウザーを開いてWebページを読み込むことです。通常、「driver.get(“ url”);」を使用してWebページを読み込みます。このコマンドを使用するたびに、ページが更新されます。

「driver.navigate()。to(“ url ’);”」を使用してWebページをロードすることもできます。両方のコマンドは、動作の点で同じように機能します。ただし、navigate()。to()には、navigate()。forward()、navigate()。back()、navigate()。refresh()などの他の関数もあります。

そのため、driver.get()は履歴を保存しないのに対し、driver.navigate()。to()はブラウザの履歴を保存して、他のコマンドの前後などに使用できるようにします。

単一ページのアプリケーションでは、navigate()。to()がURLを変更することでページにナビゲートしている間、フォワード/バックワードのように、get()はページを更新します。

このスタックオーバーフローに関するその他の参照