白は色または色合いとして適格ですか? 色と色合いの違いは何ですか?


答え 1:

まず、「色」と「陰」という用語の意味を定義すると役立ちます。

色を光、または電磁スペクトルの視覚領域に入る特定の波長または波長の組み合わせと見なすことが最も役立つことがわかりました。 さらに、オブジェクトの「色」は、そのオブジェクトから反射される光の知覚です。 白として認識されるオブジェクトは、白の色を持っていると言えます。

白は色です。 視覚スペクトルのすべての異なる波長は、白色光の成分です。 白は、光のすべての波長が完全かつ均等にバランスが取れているときに見られる色です。 視覚スペクトルの異なる波長も「色相」として定義できます。 色相は虹の色と考えることができます。 白はすべての光の色相の完全にバランスのとれた組み合わせであるため、白自体を「色相」と見なすことはできません。 白のように、グレーと黒もすべての光の色相の完全にバランスの取れた組み合わせです(または、黒の場合、すべての光の色相の組み合わせの完全にバランスの取れていない)、したがって、グレーと黒-両方とも「色」と見なされますが、「色相」とは見なされません。 白、グレー、黒は無彩色として知られていますが、これは「色相」の別の用語である「彩度」を欠いている色です。 虹の色相はスペクトル色として知られており、それぞれが特定の波長範囲を持ち、赤が最も長い可視波長のポイントで、紫が最も短い可視波長のポイントです。

参考:特定の特別な色相(スペクトル外の色として知られる)がありますが、白色光の成分としては発生しません。 これらの色相は、カラーホイール上の赤と紫の間のギャップを埋め、目に見えるのは、赤の波長が紫の波長の光と混合されたときに知覚するためです。 マゼンタはスペクトル外の色です。 マゼンタは表示されますが、独自の波長範囲はありませんが、マゼンタは赤と青の両方の波長の光の完全にバランスの取れた組み合わせです。

「シェード」は非常に興味深く、どこにでもある用語です。 「シェード」とは、あらゆる色のあらゆるバリエーションを指します。 「口紅の色合いは何ですか?」 …または…「青の色合いが本当にジャケットと衝突しました。」 同様に、「トーン」という言葉も同じように使用され、同じように使用されます。

アートクラスでは、黒またはさらに良い補完的な顔料を赤の顔料と混ぜると、結果として生じる混合物は赤の「陰」になり、本質的に赤の濃いバージョンになるとよく教えられます。 同様に、白色の顔料と赤色の顔料を混ぜると、結果として生じる混合物は、赤の「色合い」になり、本質的にはより明るい赤になります。 同様に、顔料の灰色の混合物と赤色の顔料を混ぜると、結果として生じる混合物は赤の「トーン」になることが教えられています。 色合い、色合い、色調を表現しようとしているのは、色の値(明るさまたは暗さ)です。

私の意見では、色の値を記述して、明るさまたは暗さのレベルを示す場合により有用です。 たとえば、パステルブルーは、青みがかった色よりも非常に明るい青であると説明できます。 そして、バーガンディ赤は、赤い色合いよりも暗い赤として説明する方が良いかもしれません。 「シェード」、「色合い」、および「トーン」という用語は、色彩理論の観点からは使用しないでください。これらの用語には明確さが欠けています。

そのため、特に白が灰色の最も薄い色合いであると考える場合、白は色合いよりも色合いであると考えられます。 しかし、私は白が無彩色の値のスケールで最も明るい値を持っていた色であると言いたいです。 本当にしたいなら、白がグレーの最も明るい色合いであると言うことができます…しかし、私は縮みます。

奇妙なことに、色理論の問題に特に言及していない限り、「色」と「シェード」の両方の用語は通常同じ意味で使用できます。

うまくいけば、これはあなたの質問に対処します!

追加情報:

色には3つの次元があります。 光の特定の波長範囲で定義できる「色相」に取り組みました。 そして、私は色の明るさまたは暗さを示す「値」に対処しました。 最後は「強度」で、色の強さを示します。 強度が最も高い色は、強度が最も高く、彩度が最も高く、非常に純粋であるように見え、多くの場合、幸せまたは大声または明るいと表現されます。 逆に、強度が最も低い色は強度が最も低く、彩度が最も低く、非常にくすんでいるように見え、多くの場合、中和、ノックダウン、グレー、悲しい、退屈、濁った、落ち着いた、活気がないと表現されます。


答え 2:

厳密に言えば、白も黒も色ではありません。 白はすべての色を反映し、黒はすべての色を吸収します。

ただし、オブジェクトの色と見なすことができます。 ペンキ、紙、インクなど、何でも。

そして、もちろん、実際に白や黒はありません。 閉じているが葉巻はない。 私たちは常に近づいていますが、それはできません。


答え 3:

厳密な意味では、それもそうではないと思います。

白には色がありません。色を混ぜて白にすることはできません。

ただし、製品のマーケティングなどで用語を選択する必要がある場合は、市販製品ではすでに白の色合い(リネン、卵殻など)を見つけることができるため、色として分類します。 同様に、白は赤の「シェード」または「緑のシェード」と同じくらい青の「シェード」になります。これらのシェードはすべて同じように見えます。